急にお金が必要になるという事は誰にでもあります。
これは仕事の有無は関係ありません。
ただお金を借りる場合、専業主婦や無職の人は融資をしてもらう事ができない場合があるので注意しましょう。
まず、消費者金融でキャッシングをする時は、総量規制の対象となるので本人ではお金を借りる事はできません。
配偶者貸付という制度があるので、それを利用すればお金を借りる事は出来ますが、配偶者に知られずにこっそりとお金を借りる事はできなくなります。
銀行系でキャッシングをする時は、総量規制の対象とはならないので本人がお金を借りる事はできます。
しかし融資限度額が低めに設定されているので、沢山借りたいと思っても希望額までは借りられないので注意しましょう。
基本的に、融資対象としては20歳から65歳までの安定した収入がある人と決めている所が多くあります。
年齢に関しては金融機関で少し違いがある事もあるので、実際に利用する時は正しい対象年齢を調べましょう。
ですので、専業主婦は借りにくいというのが現状です。
安全にお金を借りたいなら、まずは配偶者には相談しましょう。
そして信頼できる金融機関で、正しい方法でキャッシングするのをお勧めします。