手形割引の仕組みをよく勉強しておきましょう。
法人同士の商取引では約束手形を決済の手段として使うことがあります。
これは期日と金額を明記した有価証券です。
形を変えた借用証書と考えてもいいです。
しかし約束手形は現金ではありませんので、現金がどうしても必要な場合は手形割引業者から手形を割り引いてもらい現金化してもらわねばなりません。
これで金利と手数料は割り引かれますが約束手形を現金化できます。
これは見方を変えれば、約束手形を担保とした借金をしていると考えられます。
通常は業者が約束手形を現金化して終わりになりますが、その手形が不渡りになれば、手形を割り引いてもらった者が、不渡りになった手形を買い戻さないといけない約束になっています。
これも担保が無価値になれば、借金が残ってしまうというのと同じように考えることができます。
約束手形は振り出したも者も半年で2回不渡りを出したら銀行取引停止となり事実上の倒産になってしまいますので十分注意が必要になります。