主にコンピューター関連の作業において、データの集合体を元にして何かしらの処理や演算を行なって映像や画像、文字や音声などを生成することをレンダリングと言います。
この作業は多くの場面で用いられており、分かりやすいところではウェブページなどで活用されています。
HTMLなどによって描写内容を記述したり、画像ファイルやフォントファイル、動作の記述などをスクリプトによって外部データと組み合わせてブラウザのウィンドウに表示させるときにはこのような作業が行われているのです。

また、3Dデータにおいても活用されています。
3DCGをデータとして捉えた場合、その物体や図形に関する情報を画像化する場合の計算などにレンダリングという表現を使います。
3Dは光源の種類、位置、物体の形状や頂点の座標、さらには描写色や表面のテクスチャーなどを様々なデータと紐付けして行わなければいけません。
その際にレンダリングを行なってバランス調整などを行うのです。

レンダリングサービスを行なっているレンダープールは世界中に設置されている豊富なクラウドベースGPUレンダリングサーバーを使用しているため非常に高速です。
一般的なローカル環境のパソコンと比べて100~1,000倍とも言われています。
そのため多くの人に愛されているのです。