最近、新規事業を行なおうとするベンチャー企業の間では、はじめから事務所を構えるために法人契約でビルの一室を借りたりするコストが高いということを避けるため、住所だけをあたかもそこにある会社のように見せてくれるサービスを提供するバーチャルオフィスを使って、事務所を構えるということが多いそうです。
バーチャルオフィスであれば、ベンチャー企業であってもブランドイメージのある銀座に事務所がある会社のようにふるまえますから、名刺に書かれる会社住所も名前が通った場所になり、事業が展開しやすくなるというわけです。
ネットで、銀座にあるとされるバーチャルオフィスの雰囲気について少しだけ垣間見れるサイトがあったわけですが、基本的に、来客対応用のレンタルオフィスがあったりして、雑居ビルのスペースを利用しているという雰囲気が漂っていたのが印象的でした。