妊婦さんが悩む体の変化のひとつに、妊娠線ができてしまうことがあります。
妊娠線というのは急に太った時に現れる肉割れと同じ仕組みでできる線で、お腹などが急に大きくなった時に皮下組織に亀裂がはいったものです。
一旦できるとその後のお手入れは困難なので、できないように予防が大切です。
妊娠線の予防で大切なのは、肌を保湿して割れができにくくすることです。
つわりなどで辛い時期ですが、できれば妊娠の初期からのお手入れが効果的です。
お手入れは、クリームやオイルを使ったマッサージが基本です。
専用の妊娠線クリームやローションがいろいろ販売されていますので、使い心地や香りなど自分に合うものを探して快適にお手入れしたいものです。
綺麗ママ美肌術は、プレママさんのための妊娠線予防応援サイトです。
妊娠線クリームをランキング形式で紹介している他、マッサージのコツなども丁寧に解説しているのでとても参考になります。
例えば、お腹が大きくなる前から少しずつケアを続けていくことで、組織の割れを防ぐことができますし、できてしまった線を出産後はできるだけ目立たなくすることも可能です。
また妊娠線ができる場所も、よく知られているのは大きくなるお腹の表面ですが、赤ちゃんのために大きくなる乳房や大切な骨盤周辺を守るためにボリュームアップする腰回りなどにも妊娠線クリームを使ったお手入れが必要です。